2016/10/01 13:27:01 |
状況や内容にもよりますが、督促状が届いてしまった場合には正しく対処をしないと大変なことになる場合があります。起こりえる問題としては差し押さえで、給与や財産などが一定割合に渡って差し押さえられる可能性があるのです。年金などでも督促状が届きますが、特に気をつけておきたいが借金に関する督促です。消費者金融でも銀行でもクレジットカードを発行する信販会社でも、借りたお金を長期に渡って返済をしていないと督促状が届く場合があり、督促状を受け取ってそのままにしてしまうと強制執行となる可能性があるのです。正しく対処をするためにはそれなりの手続きが必要となり、分からないのであればまずは連絡をしておくと良いでしょう...
2016/10/01 13:27:01 |
返済の負担が異常なまでに大きくなる闇金融での借金は、借りれば返済ができなくなるのは目に見えています。短期と呼ばれる闇金融では週ごとや10日ごとに支払いを行う必要があり、借り入れ金額が2万円や3万円でも毎回に利息で1万円や2万円を支払わなければなりません。借りた金額に対して僅か1週間や10日間で50%程度の利息となるのは当然ながら違法で、支払いができるはずがありません。一括で変えそうにも闇金融側は認めない場合があり、一度は利息だけの支払いの「ジャンプ」とする入金をしてでないと完済ができないと滅茶苦茶な言いがかりをつけてきます。元々の計画が闇金融で2万円を借りて1週間後に3万円や4万円で返すと考え...
2016/10/01 13:27:01 |
払えない借金はそのままにしておくと時効になって消滅するとは言われていますが、果たして本当にそんなことが起こるのでしょうか。起こりうるとすれば誰も借金の返済をしなくなりそうですが、可能性の話で言えば借金は時効で消滅することもあります。ただ、時効を成立させるためには様々なハードルを越えなければならず、そう簡単なものではありません。債権者側も時効を阻止するためにあの手この手を使ってくるため、現実的に考えて借金を時効で踏み倒すことは不可能と言えます。借金を逃げて解決などとは考えるべきではなく、特に違法な貸し付けで暴力的な取り立てを行ってくる闇金融の場合には、決して逃げるようなことはすべきではありません...
2016/10/01 13:27:01 |
のめりこんでしまって自分のお金だけでは足りず、借金をしてまでパチンコに通ってしまう方は依然として多いです。貸金業法が改正されてからは消費者金融での借金にも限度ができたためにいくらかマシにはなっていますが、それでも今もパチンコが原因となる借金返済に悩んでいる方は多いです。パチンコなどのギャンブルが原因となる借金は払えなくなっても自己破産が認められないため、何とかして借金の整理をして支払っていくしかありません。毎月少しずつでも返済をしないといつまで経っても借金が終わらず、信用情報機関にも事故情報が残り続けることになってしまいます。時間はかかっても支払いを続けて完済をする必要がありますが、払えないか...
2016/10/01 13:27:01 |
交通事故の被害者が保険会社を相手に示談を進めるにあたっては、専門的な知識が必要不可欠です。知識がなければ示談で不利になってしまい、保険会社が提示する条件で満足をしてしまうと慰謝料などで大幅に損をする可能性があります。基本的に保険会社は保険金を支払いたくないと考えているため、被害者が素人で示談に関する知識がなければ支払い金額を大幅に少なくしてきます。少ない金額で示談内容を提示しても納得をしてくれるだろうとなめてかかるためで、事故の状況によっては本来の金額から大幅に少なくなってしまう可能性があります。そもそも、交通事故における示談は被害者と加害者を明確にするところからはじまります。どちらが被害者で...